広島市|歯科|歯医者|一般歯科|小児歯科|口腔外科|インプラント|審美歯科|訪問歯科|ペインクリニック|たかす歯科小児歯科クリニック

TEL:0848-64-5339

〒733-0821
広島県広島市西区庚午北2-23-2

EPARK歯科 ご予約はこちら
24時間web予約受付

一般歯科


Dr.ブログ

staffブログ
 
HOME»  たかす歯科小児歯科クリニック 一般歯科

歯周病

歯周病の治療

歯周病

ブラッシング指導を行い、現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。
ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。スケーリング(歯石除去)歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、強い病原性を持っています。
一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。フラップオペレーション歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合にはスケーリングだけでは歯石を取り除く事が不可能です。
このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ歯石を取り除きます。

歯周病は痛みが無い為に発見しづらいものです。
最低でも半年に1回は定期的にチェックを受け、進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヶ月のサイクルで来院され1 安定した歯ぐきの状態を管理していくことが大切です。

予防歯科

フッ素

フッ素

生えたばかりの歯はエナメル質が柔らかく虫歯になりやすです。
そこで、歯の表面にフッ素を塗布し虫歯になりにくくします。フッ素塗布することで、エナメル質にフッ素が吸収され、結晶が強くなります。
1回のフッ素吸収量は微量ですので、継続して塗布する事が大切です。フッ素洗口法も効果的です。

シーラント

シーラント

シーラントとは、奥歯の噛みあわせの部分にプラスチックを埋め込んで、その部分を虫歯予防する方法です。
その方法は非常にシンプルで、シーラントをする歯の溝をきれいにし、そこにレジンを貼り付けるのです。
(レジンとは、軽いむし歯治療の時につめる白いもの)
奥歯など歯磨き時にブラシが届きにくい場所に有効です。
実際に行う際には、本来のかみ合わせをずらすことになるので、かみ合わせに注意しながら進めます。

小児歯科

フッ素

小児歯科

「こどもの歯はいずれ永久歯に生えかわるから虫歯のままほうっておいても大丈夫」なんて思っていませんか?
乳歯が健全か、正しく治療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく影響してきます。乳歯は痛みだしたり腫れたりすると、治療しても経過が悪いのが現実です。
乳歯はどうせ生えかわるものというのはまちがいです。お子さんの正常な成長発育には欠かせないものです。治療と同時により予防もさらに大切です。

①小児歯科治療の前に
歯の治療は大人でも嫌なものです。大人は我慢できることでも子どもにとっては大変です。特に小さなお子様なら尚更です。当院ではそれぞれのお子様の性格を理解したうえで根気よく且つ慎重な治療を受けていただけるよう努めております。恐がることはありません、安心して治療を受けに来てください。

②受診は午前中がおすすめ幼児の治療は体調の良い午前中に受診することをおすすめします。昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いものです。

③嘘はつかないなるべく嘘をついて連れてこないようにして下さい。かえって嫌がる原因になります。そのかわり治療の後は、たくさん褒めてあげて下さい。

④身軽な服装を幼児は歯科治療を嫌がって泣いたり暴れたりすることがあります。汗をかきますので、治療中はTシャツなど身軽な服装にさせましょう。

⑤リラックスさせよう待合室では保護者の方が本を読んで聴かせたり、なるべくリラックスさせるようにしてあげて下さい。

訪問診療

訪問診療

当院では通院困難な患者様に対し訪問診療、往診(在宅医療)を行っています。
診療範囲や料金などは、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ℡.082-507-4182

PageTop